So-net無料ブログ作成

インフォto

話題のネタや気になった情報を紹介

 

�J�e�S���[�FIT

ネイティブオンライン英会話「スキマトーク」が1レッスン690円~ [IT]

スキマトークというオンライン英会話
があるんですね。

ネイティブ講師数が1,000名を突破する
とは、すごいですね。

そこで、国内最大規模のネイティブ講師陣を抱えるオ
ンライン英会話「スキマトーク」を運営する株式会社ス
キマトークが、本日、低価格で毎日ネイティブ講師と
マンツーマンのオンライン英会話レッスンができる
「毎日レッスンプラン」を正式に開始したそうです。

仕事で海外出張や転勤とかで英語を勉強しなければ
いけない人にはいいですね。

他にもグローバル化で英語が会社で公用語
の企業とかがあるので、英語がしゃべれないと
困りますね。

スキマトークでは、個人以外でも大規模な
英語研修
とかやってくれるそうで、
企業でも使われているそうです。

ネイティブ講師の質の高い英語レッスンが
格安の料金で受けられるので、スキマトーク
は人気なんでしょうね。

Sponsored Link

Covia SIMフリースマートフォンFLEAZ POP(ポップ) [IT]

コヴィアのSIMフリースマホ
は自分も持ってますが、値段が
安いうえにいまの所不具合もないんで
いいですね。

そこで、株式会社コヴィア、ならびに株式会社
コヴィア・ネットワークスは、SIMフリースマ
ートフォンのブランド「FLEAZ」より、4.0イ
ンチの小型サイズに、LTEとLolipopを搭載し
た新製品「FLEAZ POP」を店頭想定価格15,200円
(税抜)にて2015年9月上旬より発売開始するそうです。

Android 5.1、クアッドコアプロセッサー 1.2GHzを搭載し
て高性能なうえにWi-Fi テザリング機能を有効にすると、
スマートフォンを無線LAN ルーターにもなるので
多機能でいいですね。

「FLEAZ POP」
は、Quick Charge 2.0 にも対応
し急速充電も可能とのことで
SIMフリースマホ買うなら
コヴィアはおすすめです。


Sponsored Link

iPhone/iPadで使えるUSBフラッシュドライブ PQI iConnect [IT]

USBフラッシュドライブ は、USBメモリ
のことですね。

iPhone/iPadでも使える“高速タイプ”のUSB
が新発売されるそうです。

そこで、PQI Japan株式会社は、iPhone
やiPadでも使える世界最速クラスのUSB
フラッシュドライブ 「PQI iConnect
(アイ・コネクト)」 を、日本国内に
おいて8月17日(月)に発売を予定するそうです。

Apple認証を受けたLightningコネクタと、標準
USB Aコネクタを搭載しているそうです。

映像・音楽等の大容量ファイルを短時間で
移行することが可能とのことで
データの保存もできていいですね。

容量不足も解消されるので
PQI iConnect
は、手に入れておきたいですね。

Sponsored Link

ターミナルランチャー SIMフリースマートフォンを用途特化型の専用端末として利用 [IT]

コヴィアのSIMフリースマートフォン
は、1万円ぐらいで安く買えてすごく
売れてますね。

そこで、コヴィアは、SIMフリースマートフォンを
業務用端末として利用する際に有効な
「Terminal Launcher(ターミナルランチャー)」
を提供開始します。

SIMフリースマートフォンの低価格化に伴い、
幅広く業務用に活用される事例が増えてきました。「

Terminal Launcher」は業務に必要な機能だけを
画面上に表示することでユーザーの誤操作や
不正利用を防ぎ、専用端末として運用するこ
とができます。

スマホも内線専用端末といった
業務用の端末としても使ったりとか
できるんですね。

Terminal Launcherは、
業務に必要なアプリケーションだけを画面上に
表示し、専用端末として簡単に運用できるそうです。

お客様の仕様に合わせてカスタマイズ
もできるそうで、
コヴィアのスマホは安くて性能もいいので
「Terminal Launcher」
は、業務用としても役に立ちそうですね。

Sponsored Link

コヴィアWiFi IEEE802.11a/b/g/n/acをバックボーンとしたBeacon、屋内GPS(IMES)、Zigbee対応のIoTゲートウェイ「UM-120」を開発 [IT]

コヴィアは、SIMフリー
スマホは持ってますね。

価格が安いし、不具合もないんで
気に入ってます。

そこで、コヴィアは、WiFi、Bluetooth、
IMES、Zigbeeを搭載するIoTゲートウェイ
「UM-120」を開発。

「UM-120」とサーバーを接続するバックボーン
には IEEE802.11 b/g/n/a/ac、1000BASE-TXを
採用し管理サーバーとの通信を行います。

管理サーバーには、死活監視機能、ファーム
ウェア更新機能なども搭載しており、複数
のUM-120を運営管理するそうです。

IoTは従来は主にパソコンやサーバー、プリンタなどの
IT関連機器が接続されていたインターネットに
それ以外の様々な"モノ"を接続する技術なんだそう
です。

WiFi、有線LAN、Bluetothを搭載したBeacon
ゲートウェイとしての導入を想定したもので、
BluetoothはSmartReadyとBeaconの両方に
対応しているとのことで、スマホタブレット
など汎用的な端末を受信装置として利用
できるそうで、これは会社やお店
などで便利に使えそうです。

スマートフォンを活用した内線通話や
医療システム連携、および病院内に
おける位置情報検知システム
もできるそうで、入院患者さんのいる
病院などでも使える技術でもあるんですね。

IoTゲートウェイ「UM-120」
に興味のある方はぜひ見てみてください。

Sponsored Link

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。