So-net無料ブログ作成

インフォto

話題のネタや気になった情報を紹介

 

コヴィアWiFi IEEE802.11a/b/g/n/acをバックボーンとしたBeacon、屋内GPS(IMES)、Zigbee対応のIoTゲートウェイ「UM-120」を開発 [IT]

コヴィアは、SIMフリー
スマホは持ってますね。

価格が安いし、不具合もないんで
気に入ってます。

そこで、コヴィアは、WiFi、Bluetooth、
IMES、Zigbeeを搭載するIoTゲートウェイ
「UM-120」を開発。

「UM-120」とサーバーを接続するバックボーン
には IEEE802.11 b/g/n/a/ac、1000BASE-TXを
採用し管理サーバーとの通信を行います。

管理サーバーには、死活監視機能、ファーム
ウェア更新機能なども搭載しており、複数
のUM-120を運営管理するそうです。

IoTは従来は主にパソコンやサーバー、プリンタなどの
IT関連機器が接続されていたインターネットに
それ以外の様々な"モノ"を接続する技術なんだそう
です。

WiFi、有線LAN、Bluetothを搭載したBeacon
ゲートウェイとしての導入を想定したもので、
BluetoothはSmartReadyとBeaconの両方に
対応しているとのことで、スマホタブレット
など汎用的な端末を受信装置として利用
できるそうで、これは会社やお店
などで便利に使えそうです。

スマートフォンを活用した内線通話や
医療システム連携、および病院内に
おける位置情報検知システム
もできるそうで、入院患者さんのいる
病院などでも使える技術でもあるんですね。

IoTゲートウェイ「UM-120」
に興味のある方はぜひ見てみてください。

Sponsored Link

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。